インジケーターやらEAやら、自分で作っておきながら直ぐに捨ててしまうので、ブログに保存することにします。

今回は自動で標準偏差チャネルを引くインジケーターです。

パラメーター設定は超簡単で、設定項目は下記の2つだけです。

  • latestDay:最新のローソク足の場所
  • backDays:過去を辿るローソク足の場所

latestDayを0にしてbackDaysを24にすると、今現在の足から24個前までの期間で標準偏差チャネルを自動で作ってくれます。

チャネルを引くと何が嬉しいのかと言いますと、環境認識がしやすくなり、天井ロングや底ショートの防止にもなります。

さらに、ある程度ですが値動きの予測もできますので、順張りにも逆張りにも使えるアイテムであると思います。

トラリピのロングやショートを仕込むのに使えそうだなと思ったので作った次第であります。

色々試すのはタダですからね!

ダウンロードは下記から。