ハイレバトレードを行うことで、資金を2倍3倍に増やす資金効率の良いトレードが可能になります。

10万円が20万、30万円になる事も珍しくありません。

しかし、ハイレバであるが故にその失敗率も非常に高く、ハイレバは正しく諸刃の剣のであります。

その方法について説明しておきたいと思います。

ハイレバの目的

まず、どうしてハイレバを使うのか?について僕の意見を述べておきます。

国内のFX業者はレバレッジ25倍に制限されておりますので、ある程度の利益を求めてトレードするには初期資金が必要になります。

お金を稼ぐためにFXをするのですから、稼げる算段がなければ、リスクを冒してまでトレードをする価値はありません。

トレードで勝てる技術があればハイレバの方が資金効率が良いと考えているからであり、逆に考えるとトレードで勝てる技術が無い人はハイレバでトレードをしない方が無難です。

FXは技術です。
トレードで勝てる技術を最優先で身に付けましょう。

デモトレードはバカにされ気味ですが、充分練習できますので、デモトレードで練習を積み重ねてください。

為替相場はこの先も無くなることはありませんので、焦らずゆっくりじっくりスキルアップしてください。

僕がハイレバを使い続ける理由はそこに大金を得るチャンスがあると確信しているからです。

普通の人がこの社会で大金を得るチャンスは殆どなくて、少ない資金で大金を作るにはハイレバを活用するしか方法はありません。

レバレッジの違い

資金に余裕のある人はハイレバを使わずとも、国内業者のレバレッジ25倍で充分トレードをする事が可能ですが、ある程度まとまった初期資金が必要になります。

資金10万円でドル円をトレードする場合に、どれくらいの数量と余力でトレード出来るのかを計算してみます。

余力が沢山あるから失敗しても塩漬けできるから大丈夫という考えは危険です。

自分の思惑と違う方向に推移した場合は、現実を受け止め損切りしてポジションを持ち直した方が機会損失を防げます。

次に計算される結果を見て色々と思うことがあるでしょうが、一番の違いはエントリー出来る数量です。

数量を上げると当然必要な証拠金が増えますので、余力が減る仕組みになっていますが、短期売買ではハイレバでトレードする方が圧倒的に資金効率が良いです。

レバレッジ25倍

資金10万円で取引可能な最大数量は2万通貨です。

1万通貨の場合、ロスカットまでの余力は約570PIPSですので、約5.7円の逆行でロスカットという計算になります。

レバレッジ500倍

資金10万円で取引可能な最大数量は46万通貨です。

1万通貨の場合、ロスカットまでの余力は約980PIPSですので、約9.8円の逆行でロスカットという計算になります。

上記は「FX必要証拠金計算ツール(ハイレバ対応)」で計算しています。

手堅く複利計算で考える

10万円の資金でトレードを開始し、資金の5%を目標利益として20PIPSの値幅で20回利確を行った計算結果です。

トレード内容が悪いと損切りやロスカットという結果になりますので、あくまでも理論上の計算結果です。

1日に1回程度は大きく動く場面がありますので、その大きく動く場面で20PIPS獲得し続けるだけで実現可能です。

そのためには「戦略」が必要不可欠ではありますが、その戦略については各自で考えるとして、トレードを1日20PIPSを取るだけに限定するとそれほど難しい話でも無いと思えるのです。

今日の相場は今日の相場、明日はどうなるか分からないし、明日は明日の風が吹きます。

コツコツ積み重ねる事が自信となり利益となっていくのではないでしょうか。

10万円からのスタートでも、20回成功させた終了時点では26万円になっていますので、16万円の利益を得られる計算になります。

ハイレバで一攫千金を狙う

僕がずっと続けて来た方法で、実力の無い人がこの方法でトレードするとアッという間にお金を失います。

儲けるときもありますが、続ける限りトータルで必ず負けますので、お勧めしません。

今実際にこの様なトレードをしている人は確実に破綻への道を辿りますので、本当に止めた方が良いです(;´∀`)

っていって、止められるほど簡単な話でもありませんが。

理屈は簡単です。

大きく動き相場場面でハイレバ全力トレードをするだけです。

このように10万円で25万ロットで余力が36PIPS。
厳密にはスプレッドがありますので、2-3PIPS程度減らして33PIPSが余力です。

33PIPS逆行すると、証拠金維持率が20%を下回りロスカットとなります。

リスクリワード1:2を基準で考えた場合、リスクが33PIPSでロスカットになりますので、リワードが66PIPSで利確となります。

この内容でドル円をエントリーした場合、66PIPSの利益で16.5万円の利益になります。

逆行し難い場面でエントリーするほど成功する確率は高くなりますが、「逆行し難い場面」を想定する必要がありますので、相当な分析力が必要になります。

闇雲にトレードするとアッという間にロスカットになりますので、本当に注意が必要です。

リスクリワードのバランスに限らず、ハイレバですので10PIPSでも動けば大きな利益になりますが、損大利小トレードをしている限りは資金は増えないでしょう。

1回のトレードでとことん利益を伸ばし、さらに追加エントリーを行いながらトレンドに追従すると、爆発的な利益となります。

が、そんなに上手くいきませんw

まとめ

複利で手堅くコツコツ稼ぐ方法、ハイレバで一気に稼ぐ方法とハイレバの使い方は人それぞれです。

ロット数量を増やすとロスカットリスクが高まりますので、バランスをリスクリワードを考えてトレードしなくてはいけません。

闇雲にエントリーしているだけでは資金を減らすだけですので、逆行し難い場面とある程度期待できる値幅を狙える場面で戦略的にトレードする必要があります。

ハイレバは使い方次第で大化けするツールですが、僕を含めて未だに使いこなせていない人が多数です。

多分、もっと真剣にチャートと向き合う必要があるんだと思います。

少ない資金でトレードするなら圧倒的にハイレバが有利。
戦略ありきのトレードで大金を掴み取りたいと思います。

皆ハイレバ業者はXMを使っています。