こんにちは、たかはしです。

1/31 16:30現在、大きく動いた後ですがドル円は結局レンジ内に収まっています。

今日は月末で、少し大きめの指標も予定されていますが、ほぼ無風だと読んでいます。
とはいえ、連続して発表されるので今日はノーポジが無難かなという感じです。

コロナウィルス

コロナウィルスの影響がどこまで相場に影響してくるのか分かりませんが、日本でも発生が確認されていますので、残念ながらコレからドンドン発症する人が増えてくるでしょう。

この週末の間にもその数は増えると思います。

相場的にコロナウィルスはネガティブな要因ですので、今後の展開次第では一悶着あるかもしれません。

この週末は持ち越しせず、決済出来るなら片付けた方がリスクが低いですね。

ドル円

瞬間的に月曜安値を下回りましたが、その後の反発で今現在FR23.6%で押さえ込まれている状況です。

FR23.6%をレジスタンスと見立てると、4時間高値も切り下げていますし、今が戻り売りのチャンスと言うことになりますが、現時点で週足的には陽線です。

先週末の安値に明確に届いていないので、弱めの陽線と言った印象ですが、なんとなく売りにくいかなって感じです。

ポンド

気が付けばポンドがトレンドラインブレイクしていて、妙に強いです。

一応ユーロポンドも見てみましたが、完全にポンド買いが来ています。

特にドル円が弱いこともあり、ポンドドルが強いので短期で直近のFRまでロングを持っても大丈夫そうな勢いがあります。

しかし、最近ドル円ばかりみていたので鈍っていますが、ポンドの値幅は凄まじいですね。

テクニカルもドル円より効きやすいと思いますし、画像をみても一応FRのところで反発が確認出来ますしね。

感想

相場というのはやはり難しいですね。

ブレイクを狙うと一攫千金を狙えますが、そう簡単にはブレイクしないので、手堅く細かく利確を続けるのが正解のような気がしてきました。

サポートレジスタンスやFR/FEが示すラインの上下で利確する半自動EAもありかな?と思える値動きです。