うーん、昨日の予測はプラテンする場面もありましたが、とりあえず外した感じです(; ・`д・´)

世界的経済混乱が続くコロナショック(仮)ですが、ショックの後は全世界揃って経済政策を用いて立て直しを図ってくることが予想出来ます。

以前のアベノミクスの様な官製相場が必ず来ると信じています。

できるだけ底で買うために、僕たちは何をしておくべきなのでしょうかを考えます。

大底や大天井でポジションをホールドすると・・・

極端な例ですが、先月デモ口座で何かを確認していた時にエントリーしていたポジションをご覧下さい( ´_ゝ`)。

デモ口座でエントリーしていたことを完全に忘れていたポジションですw

四角の箇所で10ロットロングエントリーをして放置するだけで1300万円の利益です。
デモですが。

もうね、底値で仕込めると普段ゴチャゴチャとトレードするのが馬鹿らしくなるような利益が出ています。

これがリアルだと絶対同じ事を出来ない自信がありますが、鬼ホールドしようと思えば出来るタイミングでエントリーしていますので、ひょっとするとひょっとするのかも知れません。

この事から、大底や大天井で逆張りが炸裂すると爆益を作る事が理論上可能です。

XMで10ロット仕込むには40万円もあれば大丈夫ですからね。
ハイレバ全力ですがw

まぁ、この例は極端ですが、デモ口座を開いて嬉しいような悲しいような気持ちになったので、記念にとw

ひょっとしてドル円のセリクラ終わった?

大底になる前の前兆として「セリングクライマックス」が起こると、反転のサインとなります。

セリクラとは、暴落を耐えてきた人たちが「もうアカン!」となり、恐怖に耐えきれずポジションを決済する際に見られる値動きで、売りが売りを呼び瞬間的に大暴落が起こる様な値動きをします。

誰かが売り始め、大口が売り始め、全世界が慌てて売り始める瞬間的なパニック相場です。

そして大抵、セリクラだと思われる動きがあった直後にV字回復で一気に戻すのが特徴的です。

ひょっとすると、先日ドル円はあっという間に101円前半に突入し、その後もの凄い勢いで回復していきましたので、アレがセリクラだったのかも知れません。

情勢的には何も変わっていないのに、ドル円は戻し始めており、約50%強の戻し見せています。

ポンドドルは相変わらず死んだままですがw

ドル円が大底だったときの値動きをほぼリアルタイムで見ていましたが、とてもじゃないけど買える空気ではありません(; ・`д・´)

こういう所で買える人が爆益を作れるんでしょうがね・・・

コロナの影響がそろそろ世界経済に影響を及ぼす頃合い

チャート的には大底を終えた感じが滲み出ていますが、僕はまだ大底は来ていないと思っています。

今が戻り高値だと信じたい(・∀・)

どうしてもオリンピックが焦点になっているようですので、オリンピックを無事終えるまでは乱高下相場に間違いないでしょう。

小中高の一斉休校もオリンピック前に流行を抑えるための措置だと思われますし、なんとしてでもオリンピックを強行する強い意志を感じます。

IOCもJOCも日本政府もオリンピックに拘るのはお金の関係しか無いと思いますが、オリンピックって政治や経済事情を持ち込めない場所じゃ無かったっけ?

オリンピックは7月末頃ですので、まだ4ヶ月ほど猶予が残されています。

それまでにコロナの撲滅、経済の立て直しが出来ていれば大成功を収めるでしょう。
株価もドルもうなぎ登りでしょう。
その前兆を感じられるのであれば全力買い推奨です。

しかし、それまで持ちこたえきれない企業も出てくるでしょうし、なにより中小企業が真剣に危ない状況に追いやられています。

ある日突然コロナが解決したとしても、その余韻で客足が戻るまでは長い時間が掛かる事も予想出来ます。

これは、日本だけの話では無くて、アメリカやヨーロッパでも同様の現象が起こる可能性が高いです。

リーマンショックが起きた原因とされている「サブプライムローン」ですが、これは低所得者が住宅ローンを返済出来ずにおこった慢性的な事故みたいなものですが、今回は低所得者に限らず労働者の所得が数ヶ月単位で減少する見込みですので、リーマン級のショックがこの先起こってもおかしくないと思うんです。

マジでね、オリンピック開催とか別次元の話で、今月の返済に困る人が溢れ返すと思っているんですが・・・

日本政府による1.2万円の補助金なんて何の足しにもならないよw