ポンドドルは日足レベルで一旦の反発を見せておりますが、直近の下落からピッタリ50%の戻しで止まりました。

長期トレンドで考えると、次は下落のターンとなり、直近安値を抜けると下落トレンドの形が完成します。

もう少し上昇余地がありますので、戻り売り戦略が正解だと予測します。

中期レベルで見ると、下落トレンドが底打ちしたように見えますが、長期トレンドも考慮して考えると上昇余地はあまりないように思えます。

中期トレンド的には、今現在綺麗なN字を描いておりますので、この流れが継続すると考えると一旦下落からの高値更新の流れになる可能性が高いです。

前日上げた分の調整で一旦下落する流れが起きて、その後再上昇って所でしょうか。

整理するとこうなります。

長期トレンド的には戻り売りを狙う場面であり、中期トレンド的には買い戻しを狙う場面となっています。

なので、短期売買の戦略としては、「中期トレンド」で買い戻しを行い、「長期トレンド」で戻り売りを狙うのが正解だと思います。

よって、短期的には押し目買いを狙い、直近高値を超えた辺りで決済。
欲張って利確を伸ばすと長期トレンドの下落に連れて行かれます。

出来る事なら長期トレンドの流れに乗りたいので、買いは短く狙い、戻り売りを狙う場面をしっかりと見極めて考えたいと思います。

この戦略なら指値でも大丈夫かなー。

僕はしばらくトレードをしませんが、流れの予測だけは練習していきたいと思います。