ポンド円週足

勢いづいたトレンドに逆らってはいけない。
特にポンドは絶対に逆らってはいけない。
逆らうのなら短期逆張りに限定し、安易にトレンド転換を狙ってはいけない。

助からないショートは存在しない!5月はそんな相場でした。
2019年の上昇幅を約1ヶ月で落とすパワーは半端ないです。
これがセルインメイというヤツなのか・・・

今日は月末で上がりやすいかなと思っていましたが、思いっきり下落してしまいました。
おかげで僕のロングは損切りです(´Д⊂ヽ
まぁ、僕の事はどうでもいいんですが、止まらないポンドはどこまで行くのでしょうか?

どこまで一方通行するねん!と毎日思っていますが、毎日落ちているのでどこで止まるのかは正直分かりません。
反発するポイントはある程度予測できても、一時的な反発に終わるかもしれません。

フラッシュクラッシュの安値が射程範囲になってきているように見えますが、とりあえずフィボナッチエキスパンション的には231.8%の134.519円って所でしょうか。

今のレートから約2円下です。
ここで止まらなければポンドは底なし沼に突入し、ちょっとしたパニック相場になる可能性が高いと思っています。

動かしている人たちがどこで満足するのか?
反転のサインはセリングクライマックスでしか判断できないのか?
この先の値動きも目が離せません。

メイ首相も辞任することですし、本格的にポンドが本気を出す日が近づいてきています。

ポンド円1時間足

どこでどうやってエントリーするか?が何より大事な話なのですが、上記画像はポンド円の1時間足です。
ローソク足でトレンドラインが引けていますので、トレンドラインタッチで売りを仕込むか、FR23.6%の137.185円で戻り売りがトレンド方向に乗っかった順張りになります。

今日で5月が終わり、来週から6月となりますので、相場の空気が変わる可能性もありますが、世界の政治事情は相変わらずですので、トレンドは継続すると考えるのが無難でしょうねぇ。

今日のトレード(デモ)

赤枠部分が今日決済したエントリーです。

最後のエントリーは少し無茶をしましたが、全体的に1ロットでエントリーし、半月で約45万の利益となりました。

リアルトレードでも同じようなトレードが出来れば良いのですが、精進あるのみですね。