トレンドライン

相場の方向を確認するためのトレンドラインですが、余りに有名すぎて説明の余地はないかなと思いますが、今も昔もトレードの最前線で役に立つテクニックだと思っています。

トレンドラインを引くことで5分足のような短期足でも法則性を持って動いている事が確認出来ますし、押し目戻りやブレイクの判断を行うことが可能です。

トレンドラインサンプル

一般的に、大きい時間足のと練度方向を確認し全体的な流れを把握しつつ短期足でエントリーと利確を行うために使われています。

リアルタイムトレードでトレンドラインを引く際に注意すること

トレンドラインを引くと言うことは、過去のチャートに対してラインを引きますので、結果が出ているデータがある前提なんです。

最近、トレンドラインを引きまくっていて気が付いたこととして、トレンドライン最強じゃん?って思ったりしていたのですが、リアルトレードの場合はそう上手くいきません。

と言うのもですね、トレンドラインは高値と高値で価格が交わらない法則性を持った流れでラインを引きます。

これから先のチャートがどんな動きをするのかが分からないので、ラインを予測して引くことが出来ません。

法則性が崩れると新しくラインを毎回引き直さないと行けないのです。
ラインブレイクなのか、トレンドの押し目戻りなのかがその場で判断できないので、トレンドラインを引いていてもその時の判断に迷うことが意外に多いです。

言葉で言っても分かりにくいので、画像で注意点を説明します。

と、このように細かいトレンドラインを引いて予測したつもりになっていても、細かいラインは変動に弱いので、ラインとして意味がありません。

引くなら大きな枠でラインを引く様にすることが大事なのではないかと思います。

ここで言う「大きな枠」とは、長期足のことでは無く、一つのチャート内でできるだけ機能しているラインを見つけ広く引くという意味です。

トレンドラインは過去データに対して引く線ですので、リアルタイムの直近足で引くことが難しいのです。

しかし、過去ラインから引いたラインが現在レートに近い場合はラインとして機能することが多いので、使い方に注意が必要と言うことです。