ドル円は短期的な分岐点に立っています。

この数日間の動きを左右する場所と思ってもいいかもしれません。

画像はドル円30分足で200SMAを引いています。

現在、価格が200SMAを上抜けてFR61.8%で頭打ちになっている状態です。

SMAを上抜いているので、短期的には上昇力が強いと考えますが、FRを上に抜けるか、下に戻るかで流れが決まってくると読んでいます。

下に抜けてSMAも下抜いた場合は、まぁ下落し続けるんでしょうが、今日は米雇用統計が予定されていますので、まぁやりにくい相場には違いありません。

コロナウィルスの影響で数字はかなり悪い予想になっていて、予想値としては過去最悪です。

流石に事前のインパクトが大きいので、出来る事なら避けておきたい雇用統計ですが、世界中が今回の雇用統計の推移を気にしていると思うので、それなりに動くんじゃ無いかと思っています。

そして週末と言うこともあり、持ち越しを考える人もいるでしょう。

日本では学校再開が延期され、欧米ではコロナの日が今未だに増えていますので、週明け下窓も予想出来ます。

と言うことで、ドル円は200SMAを下抜いたら同値ストップを入れて持ち越しが有利かな?と思えますが雇用統計次第ですね。