また睡眠不足気味の生活になってきていますが、思い返せば再開した日に原油を買うと大暴落した所から始まりました。

色々あるけど、今日も元気です(`・ω・´)

4/17から再開して27トレード。
前半は入金した10万円でのトレード結果で、後半は利益だけでトレードした結果になっています。

朝まで最前線でポンド円を見続けた昨日(4/23)の相場説明」にも書いたのですが、ちょっと相場状況が読みにくくなってしまったので、ノーポジで今までのトレード結果を振り返っておきたいと思います。

利益を大きく伸ばせたのは4/23のトレードで、そのトレード根拠も詳しく書きたいと思います。

久しぶりに再開出来たトレードでビビる

10万円入金して行っていたトレードは、全く利益をだせず損失を出しては取り戻すので精一杯のトレードしかできませんでした。

負けられない・失敗出来ないと言う気持ちが全面的に出てしまい思うようにトレード出来ず、やはりトレードはビクビクしながらやっても上手くいかない事を再認識しました。

まぁハイレバ過ぎるのが原因なのは分かっているんですが、頭の中に爆益のイメージがこびり付いてしまっているので・・・

まぁとにかく運に頼ったお祈りトレードで、この10万円を失ってしまうと嫁に怒られ、また長期間トレード出来なくなってしまう恐れがあったので、ビビって元金を出金しましたw
利益は3,000円です(´・ω・`)

ビビらずにトレード出来たことが大きい

失っても3,000円という気持ちの余裕からか、思いっきりハイレバでトレード出来たおかげで、利益を約10万円まで増やすことが出来ました。
※微妙に足りていませんがw

でも、出来る事なら損はしたくなくて、長い間楽しみたいので、今までの経験とパワーアップしているはずの分析を駆使して取り組みました。

急反転の兆候が見られる場面では、サクッと損切り出来ましたし、含み損を耐える場面ではしんどいながらも耐え抜くことも出来ました。

含み損が出るような場所でエントリーしている自分が悪いので、今後改善する余地は十分にあります。

最初の1万円を作るのが結構大変

何分資金不足なもので、最初のトレードはブーストした状態でやるのが効率的です。

失っても少額であることが精神的に楽ちんで、成功すればある程度まとまった数量のエントリーが出来る金額に膨れますし、複利運用を行えば、短期間で大きな利益を狙うことが可能です。

とはいえ、勝たないと話は始まりませんので、どうやって勝つかのかが鍵になります。
当たり前ですが。

その為に日足や4時間チャートなどを見て相場環境を認識する事と、考えられるシナリオや、大事な場面を想定しておくことが大事では無いかと思います。

例えば、このラインを抜けると一気に走るだろうポイントとか、このラインまで来ると反発するだろうポイントなど、考えられるケースを考えておきます。

僕の中のシナリオ的には「下落トレンドが始まったばかり」でしたので、シナリオ通りに崩れてくれれば数百PIPSは狙えると考えていました。

そのために、多少の含み損も我慢できる精神状態であり、スワップを払い続けてでもホールドする意思がありました。

実際にポジションを持ち替えながらではありますが、含み損状態でスワップポイントを払いながらホールドしていましたし。

短期間で少額を育てられるハイレバが効率的

普通に考えて3,000円を10万円にするのは難しいです。

今回たまたま上手くいっただけで毎回上手くいくわけもありません。

今はまだ10万円ですが、この先このお金を倍増させていくわけでして、どうなるのかはまだ分かりません。

0円になるかも知れないし、100万円になるかも知れません。

できるだけ0円にならないようにリスク管理を行う必要がありますが、少額から短期間でお金を育てられるのはハイレバだけです。

国内業者ではレバレッジ規制のためハイレバでトレード出来ませんので、お小遣いでもトレードが出来て、夢のあるハイレバはやはり魅力的だと思います。

大金を用意したからと行って勝てる話でもありませんので、少額から育てていくのがハイレバトレードの醍醐味です。

口座は直ぐに作れますので、まだ口座をお持ちで無い方は試してみる価値は十分あると思います。

僕は今も昔もこの先もXMです。

10万円達成した日のトレード

一応ですが、昨日(4/23)に達成しています。
利確を悩んでいたピーク時にはもう少し利益がありました。

チョイスした通貨はポンド円です。
ブログにも書いておりますが、数日前からポンド円ばかりトレードしていて、相場感も分かっておりシナリオも考えていたので、どの通貨よりもポンド円がやりやすかったからです。

まずは昨日の戦闘結果から。

取引履歴をチャートに表示するインジケーターを見つけたので、使ってみました。
コレ便利だな(`・ω・´)

時系列に僕のトレード履歴から、僕のテンパリ具合が分かると思いますw

チャートは1分足です。

日銀国債上限撤廃ゾーン

日中殆ど動いていなかっただけに、急変動すぎてパニックです。

時系列な流れは下記の通りです。

ずっとホールドしてたショートを利確したタイミングで「ちょっと操作されている感があるので思うとおりに動かないポンド円」を書きました。

その記事で突っ込み売りをしないでおこうって書いているにも関わらず、その数分後に大きく落ちたので、ブレイク来た!と勘違いして突っ込み売りで完璧な底ショートを決めています。

それからビビりながらドテン買いして、トレンドラインに騙されて、一時的な天井ロングを決めてなんとか助かった所まで、約30分くらいですかね?
大混乱中です。

日銀による国債上限撤廃の可能性が出てきたので急激な円安が起きた最中に戻り売り」を書いたタイミングで、一時的なロングを利確し、売りポジション持ち替えましたが、再上場により微益撤収しました。

抗ウィルス失敗ゾーン

何度も言いますが僕は下落トレンドの前提で考えています。

そのため、高値で売りを仕込み直したいと思っていたので、直前の高値で売り直せたと思って喜んでいたのも束の間、直ぐに微益撤収となり、微妙な気分になりました。

吹いたら全戻しはよくあることですし、日銀の上限撤廃も微妙じゃ無い?戻るかも知れないと瞬時に思ったので、他に売り安いポイントが無いのかを探しました。

で、見つけたのがFR61.8%です。

タッチとほぼ同時くらいにエントリー出来たと思います。
今までのトレード人生の中で最高に芸術的なエントリーでしたw

下落トレンド中の戻り高値、しかも不安定なファンダニュースによる吹き上げからの戻しです。

1週間程度ホールド出来ていれば超絶爆益になると思ったのです。

最初は追撃をするつもりは無かったんです。
良いポジションを持つだけで幸せだったんです。

でもね、じっと見ているとみるみる下がり続け、想像以上に早い展開であったため、「高値からの安値更新」のパターンだと勘違いして、追撃したのですが底ショートでしたw

明細最終行の「-14,800円」のデータですね・・・

132.656円で売っているので、綺麗な底ショートでした。
このポジションが50PIPS程度逆行し、利益をドンドン食い潰していくので、焦ってしまいある程度戻ったところで全ポジションクローズして終了しました。

マイナスポジションだ損切りして高値のポジションはホールドしたかったんですけど、疲れてしまって・・・・

その様子を少し見ながらたいした動きも無かったので、終了したのが朝の4:30です(;・∀・)

これから先の展開について

日銀の上限撤廃と、抗ウィルスの材料が新しく出てきました。

詳しくは「朝まで最前線でポンド円を見続けた昨日(4/23)の相場説明」に書きましたが、コレのせいでこの先の方向性が分からなくなりました。

とりあえず、今日は週末ですし何が起きてもおかしくない状態ですので、トレードは絶対しないように最大限意識しておくとして、この先の方向性をまた考えなくてはいけません。

判断材料としては、今日の東京の動きとロンドン・NYの値動きが必要になってくると思うので、今日はどう考えても様子見が正解だと思います。

この週末にまたシナリオを考えて来週に備えたいと思います。