ご存じの方も多いと思いますが、2020/3/4にアメリカの金利が0.5ポイント引き下げられました。
コロナウィルス蔓延による経済措置とのことらしいです。

さて、今まで散々米金利は市場を掻き回してきたわけですが、アメリカの金利が下がる事態がどういう状況なのかが分かりやすいTweetがあったのでシェアしておきます。

歴史に残る異常事態時にアメリカは金利を下げてきた事がお分かり頂けるかと思います。

今、世間を賑わしているコロナですが、思った以上にインパクトのある事態だとアメリカは考えているようです。

金利が下げられると話題になるのが「米国債10年利回り」です。

今こんな感じになっていて1%を割り込んでおり、過去一度も割り込んだ事の無い域に到達しています。

この措置が為替にどれ位影響が出てくるのかを考えると、今が大相場になる可能性が非常に高いのではないかと。