・・・なんかおかしい(; ・`д・´)

目新しい材料もでていないのに、こんなに一方的におちるのは不自然だ・・・

こういう状況の時に考えられる事はただ一つ。

HFの売り仕掛けじゃないの?

さて、答えの無いことを考えても仕方ないので、大事な事はこれからどうするかですよね。

このまま落ちるのか、それとも戻るのか、どちらにせよある程度のシナリオは考えて置いた方がよいでしょう。

サポートライン

「数年単位で続いていた強烈なサポートライン①」を月曜日の下窓で大きく割り込んだ状態で今週の相場がスタートしました。

そして売りが続く場合に目指すべきポイントは「次に狙われるサポートライン②」になりますね。

このライン②は去年のお正月に起きたフラッシュクラッシュの近辺ですので、底堅いかどうかと微妙ですが、まぁ意識されるポイントになるでしょうね。

クソポジチェッカー

さきほどの「数年単位で続いていた強烈なサポートライン①」を割り込んだ際に発生するだろうと思われていた「ロングの損切りによる売り決済」が誘発されたのか微妙な感じになっています。

オープン時点のタイミングではおそらく損切りされてないと思われます。

そもそも、このライン(104.4円)にサポートがあると思い込んでおりましたが、クソポジチェッカーをみると104円に集中して設定されており、時間と共に104円から103円へと移動しているのが次のGIF画像でお分かり頂けます。

そして、最終的に損切りの設定は消滅しています。

この事から103円を割り込んだ際にストップ注文が実行され、101.6円付近まで一気に落ち込んだ事が原因かと思われます。

ちなみに、今現在どんな感じでポジションがオープンされているのかと言うとこんな感じになっています。

フィボナッチ

この先どちらに動くのかは分かりません。

戻る場合はリトレースメント、進む場合はエキスパンションを参考にしてみてください。

リトレースメント

高値をどこに置くかで見え方が大分変わってくるのですが、先週末の深夜の高値を基点とし、本日の安値を終点としたリトレースメントです。

こちらも同様にどこから引いて良いのか悩むところですが、今回の下落トレンドはかなり強いトレンドだと思いますので、月足レベルでエキスパンションを引きました。

目立つ高値と安値っぽいところを基準とし、エキスパンションを引いてみた所、61.8%で止まっていることが分かります。

エキスパンションは161.8%が機能しやすいと言われておりますが、上記の161.8%は75円ですw

流石にそこまで落ちないよね。。。?

と、怪しい気もするので短い範囲でもエキスパンションして見ようと思いましたが、明確な戻りがほぼ無い状態で急落ししているので、引けるポイントがほとんどありません。

唯一引けるかなと思ったのが4時間足でしたので、とりあえず引いてみたチャートが次になります。