相場の値動きを完全に捉えることは不可能ですが、過去チャートを分析することにより相場の状況を捉えることはある程度可能だと思っています。

そして、トレードで勝ち続けることは現実的にかなり難しく、これが実現できている人はこの世の中にほとんど居ません。

トレードだけで生活する事に強い憧れを頂きますが、その反面トレードを失敗したときのリスクを考えると、自分の生活基盤が崩れる可能性があるため、強い精神力が必要になってくるのではないかと、考えただけで気が重くなります。

さて、相場と言えばトレンドとレンジを繰り返しながら上下のどちらかに推移するものですが、その両方を捉えることは現実的に難しいでしょう。

長年トレードをしていると自分の得意パターンと不得意パターンができてくるものですし、そもそもどちらが稼ぎやすいのか?どちらの思考似合わせる方が得策なのか?こんなことを誰でも一度は考えたことがあるはずです。

今回は、その点について整理してみたいと思います。

トレンド思考

僕が大きな利益を作りやすかったのはトレンド相場の時が多いです。
勿論ハイレバでエントリーしますので、100PIPSの利益は相当な物になります。

基本的に資金量に見合わずロットが大きいので、利食いが早く100PIPS以上利益が出ているポジションをホールドするのは苦行です(;´Д`)

数回程度300PIPSのポジションを持ったこともありましたが、そういうときはやはり全力では無く反力にポジションサイズを調整していたりしました。

と、僕の話は関係ないので置いておいて、トレンド相場という物は放置しているだけで利益が膨らむので良い場所でエントリー出来れば大きな利益になりやすく、多忙な人でもトレンド狙いでトレードしている人は多いと思います。

メリット

なんと言っても最大のメリットはチャートを見なくてもポジションが育ち大きな利益になりやすい事だと思います。

昔、大きなポジションを持って状態で昼寝していて、目が覚めたときに爆益になっていたこともありますので、エントリーの方向に順調に推移しているときの安心感は半端ないです。

ハイレバで一攫千金をねらうならトレンドが一番手堅いでしょうね。

デメリット

トレンド相場は年に数回程度と言われており、大きなトレンドに乗るのは難しいです。
トレンドなんて物は、気が付けばできている物ですので、狙い定めてピンポイントで打つことは不可能です。

毎日チャートを見れば見るほど、トレンドの初動に気づきにくくなりますし、トレンドだと気が付いたときには、初動を逃していることになります。

また、トレンドが出来上がってから遅れてエントリーする場合も、注意が必要で、天底エントリーになりやすく、トレンドが出来上がってからポジションの放置は基本的にできません。

エントリーが遅れれば遅れるほどエントリータイミングが難しくなり、上下の揺さぶりや騙しなどにも引っかかりやすくなりますし、反転の恐怖に怯えてしまうので、損大利小となりやすくなってしまいます。

所感

トレンド相場は初動で乗れば大きな利益になりやすく、遅れれば遅れるほどエントリーが難しくなります。

また、トレンドの定義自体がもの凄く曖昧であり、見る時間足によって解釈が異なってきます。
一般的には日足や週足でトレンドを確認すると思われていますが、自分のトレードスタイルに合わして時間足や15分足でもトレンドの定義を自分なりに決めることも可能です。

要は、同じ流れに順張りで追従しやすいのかどうか?が焦点であり、自分の中で根拠があれば自由にエントリーしても良いと思うんです。

この先大きな利益を狙いたいのであれば、初動を見つける秘密の特訓に励めば良いだけの話なので、ハイレバ勢が生きていく道はここのあるのかもしれません。

レンジ思考

個人的にレンジ間のスキャルピングトレードはプロの業だと思っています。

相場に絶対なんて言葉はないし、同じ事が繰り返される保証もありません。
そんな中、法則性を見つけ出しその法則に則って機械的にエントリーを繰り返すのは、やはり素人では難しい話だと思います。

法則性があるように見せかけてからのブレイクとか、ブレイクしてからのレンジ収束などの騙しなんてのも普通によくあることですし、数PIPS単位の攻防戦を見続けるのはとても疲れます。

1日の高値安値で見ると値幅が無いように見えても、実は何度も往復しているチャートもよく目にしますし、平常時は大半がレンジ相場なのでレンジを制する物は相場を制すみたいなことわざが出来ても良い頃だと思います。

動いてないなーと思っても、30PIPSの往復が10回あれば単純計算で300PIPSになります。
当然全ての往復を天底で捉えることは不可能ですが、チャートに張り付いてその半分の150PIPS位は取れる可能性もあると言えばあるわけです。

レンジだからトレードしない、では機会損失となりますが、最初に言ったようにスキャルピングは高等技術が合って初めて成立しますので、1000通貨のような低ロットで練習する事をお勧めします。
※損をするのは本当に簡単なので、損をしにくくする対抗策も併せて身につけよう!

メリット

相場の大半がレンジなので1日のうち何度もエントリーチャンスがあります。
スプレッドと値幅によってエントリーするかどうかを決める事になるでしょうが、細かく刻めば大きな利益になりやすいのもスキャルピングの特徴ですね。

また、数PIPSから数十PIPSの利益を繰り返し狙うのであれば、ハイレバを用いて短期間で一気に稼ぎ上げる事も理屈では可能です。

100万通貨で10ロット利益を出せば10万円になりますし、数分程度スポットでトレードし数万円稼ぐのも不可能ではありません。

デメリット

レンジ相場のスキャルピングの何が難しいかというと、レンジブレイクの恐怖、それに伴う騙し、とにかく反転ポイントの駆け引きがもの凄いんです。

ハイレバでこのスキャルピングをやってしまうと、精神をすり減らして心の病気になりそうな位精神的負担が大きいです。

まぁ、ハイレバでやらなければ良いだけの話なんですが(´・ω・`)

「いつまでも続くわけが無い」「もう一回往復するか?」「ブレイクしたよね?これ」この感じをレンジの上下で考えるわけです。

縦横斜めの動きを予測して、想定内ならトレード続行、想定外なら即終了という鉄板の自分ルールを守れる人でないと利益を作ることは難しいでしょう。

1PIPSを求め過ぎたせいで10PIPS失うなんてこともザラにありますので、本当に難しいと思います。

所感

レンジを往復しやすい時間帯ってのがありまして、その時間帯を見つけられるかどうかで勝率も変わってきます。

また、世界情勢的に安定しているときや、様子見ムードの時は往復しやすいなどの特徴もありますので、過去のチャートをよく見ることが最大のヒントになります。

あと、HFが積極的に相場を動かしている時の特徴も把握した方が良いですね。
明らかにごり押しや、急反転など不自然な動きをするときは大体HFが絡んで居ますので、そういう時の見極めも重要なテクニックだと思っています。