こんばんは、たかはしです。

今日、志村けんさんがコロナで無くなった・・・

国内的に、志村けんさんが無くなったことで一気にコロナが信憑性を増してきた空気を感じています。

明日は我が身に降りかかってくる可能性があるコロナですが、生活があるので外出時には本当に気をつけていきましょう。

さて、今現在ドル円は107.8円でヨコヨコしています。

先日「予想どおりドル円が移動平均線を下抜けしたのでここがトレ転ポイント」で、FR61.8%まで行くと面白いと書いたのですが、本日61.8%まで到達し、停滞しています。

こうも綺麗に止まるとは思っていませんでしたが、取り敢えずの目標は達成した感じです。

フィボナッチの基点をどこに置くかで見えてくるラインが異なってくるのが難しい所ですが、今の流れに対してどこまで戻すのか?というシンプルな見方でも使えるのがフィボナッチの良いところだと思っています。

何できっちりそのラインまで戻すのか?については人間心理が作用しているとしか思えなくて、基点から終点までの61.8%戻したのが今の状態となっています。

もっと具体的な理由を知りたい人はググってください。
僕的に、フィボナッチは人間心理が作用しやすいポイントを表しているので、それを利用するのがテクニックだとしか言えません。

特に、38.2%と61.8%は機能しやすいポイントとなっているので、この近辺の値動きをみて判断すると良い結果になりやすいと思っています。

ということで、61.8%を達成しましたので、わかりやすい動きはここまでです。

これからの動きを判断する必要があるのですが、ちょっと時期が悪いです。

4/1にロックダウンの噂もありますが、どうしてそんな噂が横行しているのかと言いますと、年度末の株価に影響するためだそうで、新年度を迎えるまでヨコヨコすると読んでいます。

今分析しても、上記の懸念がありますので、どっちに動くかが予想出来ません。

なので、4/1を超えるまでは様子見で過ごすのが無難では無いでしょうか。

また、時間差攻撃と言う可能性もありますので、今週は株価に揺さぶられる動きとなりそうです。