フィボナッチリトレースメントによる分析

今までフィボナッチは使っていませんでしたが、少し使い方を調べて引いてみたところ、このような結果となりました。

ポンド円1時間足下落ケース

このまま下落が続くと161.8%の到着地点が139.575円となっています。
一旦戻しが入る可能性が高いですが、最終到着を予測しておくだけで深追いしないトレードが出来るかと思います。

ポンド円1時間足反発ケース

今現在反発の最中ですが、可能性の高いリトレースメントポイントは下記の通りです。

  • 23.6%:143.227円
  • 38.2%:143.851円
  • 50.0%:144.356円
  • 61.8%:144.861円

フィボナッチリトレースメントを引いてみて分かったこと

とりあえず、感覚でトレードをしている僕は金曜日ボコボコにやられました。
思っていた方向に動かず、逆行による損切り貧乏状態です。

今までフィボナッチとかエリオットとかオカルトチックだなと思って敬遠していたんですが、何をどうやっても勝てないので、フィボナッチを引いてみたところ気持ち悪いくらいハマっているんですよね・・・

相場のナビとまでは行きませんが、目安が分かる事で突っ込み売りも抑えられると思いますし、ピンポイントは逆張りが行えると思うんです。

ハイレバとフィボナッチの相性ってかなり良いんじゃないのかと、ぼろ負けした翌日に気付きました(;´∀`)

フィボナッチを引いていれば、少なくともショート逆行のドテン天井ロングによる損切りの往復は避けられました。

過ぎてしまったこと、知らなかった事は仕方ないので、この方法を軸に考えて見ようと思います。

まだまだ使い方を理解していないので、コレからじっくり時間を掛けてフィボナッチを使っていきます。

コレほんと凄いよ・・・なんで今まで使わなかったんだろう・・・

下記画像で見て分かるように多少の逆行はあり得ると思いますが、少なくとも方向性を確認してから思惑通りの方向にエントリーが出来るので、勘に頼ったトレードとは段違いにクオリティが上がると思います。

欲張るとアレでしょうが、トレールなどを行いながら利を伸ばす方法でトレードできますよね。
エントリーもおおよそのレートが分かっているので指値を仕込めます。

ブレイクするかどうかの判断は反転確認の方向を確認してからのエントリーでも遅くないでしょう。

僕、コレ絶対マスターする(´・ω・`)