エントリー根拠

昨日書いたシナリオの記事にもありますが、ポンドドルは日足週足レベルでトレンドラインをブレイクしています。

ポンドドルは1.292を割り込むかどうかが直近のポイントになります。

画像はポンドドルのクソポジチェッカーです。
これをどう捉えるかでシナリオが変わって来るかと思いますが、個人的にはクソポジチェッカーから読み取れる材料は次に書く内容かなと思っています。

  • 含み損状態のロング勢がまとまった範囲に固まっている
  • 含み損ロングの量に対して損切り注文が少ない
  • 一定箇所にショートの利確か新規の買いが大量にある

下記に理由を書きますが、現状ロング戦略が有利かな?という状況に思えます。

下落材料

クソポジチェッカーの材料から察するに「含み損ロンガーは塩漬け」する可能性が非常に高いです。

いきなり暴落することは可能性として低いですが、もし暴落するとすると、現状含み損を楽観視しているロンガーが焦り出すような値動きが始まったタイミングです。

例えばブレグジット絡みでネガティブニュースが出て、ロンガーが大慌てで損切るとか・・・

上昇材料

テクニカル的にも一度反発が起きてもおかしくない場所ですし、クソポジチェッカーの材料から察するに「少し下に大量の買い注文があるため暴騰する可能性」があります。

1.292ドルタッチか少し割り込んだところで大きめの反発が予想できます。

どこまで上昇するのかは読めませんが、少なくともトレドライン近辺までの上昇が合ってもおかしくありません。

収支発表

10万円スタートしたリハビリトレードですが、昨日の相場で資金が2倍になり、今現在22.3万円程度で前後しています(´・ω・`)

もうすぐ反発する可能性が高いのに、TPを入れられない僕はやはり精神的に甘いです。

あ、マイクロ口座なのでロットが多く見えますが8万通貨ですw

昨日のダイジェスト

2019/4/23 ポンドドル

1.3を突破してからの流れが実にポンドらしい動きで嫌らしいです(;´∀`)

昨日1.3を越えた時点で損切りをしようかと悩みましたが、どうにも怪しい動きだと思ったので、勢い余ってナンピンしてしまったのですが、運良く利益に繋がりました。
こんなトレードしたくないのに、本能的にしてしまう・・・

イースター祭で極狭値幅に慣れてしまった事もあり、昨日は普段より大相場に見えてしまいました。

サポレジが効くだろうポイントを探して、エントリーしやすいポイントを探っていきましょう。