さて、今週も始まりました。
今週は23日に欧州議会選挙がありますので、このイベントを通過するまでは小動きになると思っています。

現段階でメイ首相は欧州議会選挙に参加する予定ですが、何かの間違いで参加しないことも考えられますので、様子見と言ったところでしょうか。

と言う状況下で市場も小動きとなっておりますが、まだまだ下落トレンドの最中といった感じではありますが、一旦反発する動きになりそうな気もします。

ポンド円4時間足

ローソク足のトレンドライン的にフィボナッチリトレースメントの23.6%が141.177円となっており、このラインまでの反発は想定しておきたいところです。

RSIも少しずつではありますが、値を上げてきており、RSIのトレンドラインは一応上抜けした形になっております。

ポンド円は金曜日高値に頭を抑えられておりますが、高値更新となると23.6%のラインが現実っぽくなってきそうです。

23.6%ラインを上抜けするのか叩き落とされるのかで考えると、叩き落とされる可能性が高く、欧州議会選挙まではレンジになる可能性が高いと思うので、ここでの買いはそれほどうま味がないのかもしれません。

23.6%ラインまで到達した場合、トレンドラインとローソク足の関係とRSIをみて判断していきたいと思います。

ポンド円が落ちる場合は、とりあえず139円前後とみていますので、いずれにしてもそれほど値幅もありません。

落ちたとしても1円、139円に達した場合は積極的に買っていきたい場面だと考えています。

とにかく、木曜日の夕方までは大きな動きもないと思います。

今日のトレード(デモ)

もうちょっと狙い定めると値幅を狙えたかなと思いますが、結果オーライでございます。

金曜高値付近での売りエントリーで仕掛けて落ちてきたところでクローズです。