今のポンド円チャートです。
現在の形状を多角的に見て、この先どうなっていくのかを考えていきたいと思います。

総合見解

先に結論を述べます。
根拠を知りたい人は最後までお読みください。

一つのトレードプランとして上昇トレンドが継続する可能性が高いと考えています。

今から新規エントリーする場合、高値圏での買いになりますので天井掴みが怖い水準です。

この先上がる前提として、この状態からどうやって買えばいいのかを整理します。

レジスタンス攻防の理由

今の水準にはレジスタンスラインがあります。
この数日揉み合っている状況ですので、一直線に上抜けする事は考えにくいです。

レジスタンスラインがあると言うことは、そのラインを抜けて欲しくない人たちが居て、揉み合いが起きているのはその意思が強いという表れです。
このラインを抜けて欲しくない人たちと、抜きたい人たちが攻防することで揉み合いになります。

売りと買いのバランスがちょうど良い感じに取れているから揉み合いになっていますので、そのバランスが崩れないことには大きく動けません。

何か起爆剤のようなトリガーが必要になるわけですが、ファンダニュースであったり、ストップロスを巻き込んだ動きであったり、大きな動きを作るアクションが発生します。

騙し的な動きも出てくるでしょうから、急変動には飛び乗らないように注意しましょう。

押し目買いポイントと損切りポイント

理想的な押し目買いのポイントはFR61.8%付近です。

この水準までレートが落ちてきていると言うことは、トレンドラインをブレイクしている事になり多少の矛盾が生じますが、そんなことはよくあることですので深く考えないようにします。

もう少し深押しして38.2%まで落ちてくると上昇トレンドが崩壊する可能性が出てきますので、38.2%付近まで落ちてくるのであれば損切りを検討しなくてはいけません。

短期的目線と中期的目線

トレンドラインをブレイクすると売りが加速すると考えられますので、短期的にはショート戦略が有効ではないでしょうか。

売るのであればできるだけ高い所で売る方が有利ですので、できるだけ高い所で売りを仕込みたいところですが、高値更新の動きには柔軟に対応する必要があります。

そう、普段突っ込み買いをしてしまうような場面で売るのがおそらく正解です。

中期的には61.8%付近からの押し目買いによるロング戦略です。
最終的には148.3円を視野にいれた中期的なエントリーポイントになる可能性があります。

レジスタンスライン

134円付近に有効なレジスタンスラインがあります。

日足レベルで効いているレジスタンスラインであり、今現在そのライン攻防戦が行われています。

これだけの情報では判断出来ませんがブレイクするのか死守するのかでこの先の流れが大きく変わってくる大事な場面です。

トレンドライン

明確に効いているラインがありますので、このラインは確実に意識されるラインとなります。

前日(一つ前の足)にトレンドラインタッチからの上昇となっていますので、押し目買いのポイントになったようです。

前日のラインタッチからの上昇が3回目になります。

この先もこのラインが機能してくるでしょうが、このラインを割り込んでくると展開が180度変わってくるので、注意すべきラインです。

エリオット波動

ポンド円は今現在エリオット5波です。

現段階から考えられる事として、AとBの2パターンの流れが考えられます。

A:上昇5波の継続
B:下降に転じる

どちらのパターンになるのかは分かりませんが、エリオット波動の形状的にAの流れになる可能性が高いのではないかと思われます。

エリオット的に考えるとこの上昇トレンドの崩壊は④を割り込んだ時点になります。

フィボナッチリトレースメント

コロナ前後の高値と安値で引いたリトレースメントです。

見て分かるとおり、38.2%が底堅い動きをしていて、しっかりとサポートされていることがわかります。

一方、61.8%は効いているのかよく分からない感じではありますが、無視できるラインでもないので注意が必要です。

依然として強い上昇相場です。
全体として38.2%が底堅く、今現在61.8%を超えた水準で停滞しているので、強気相場として読み取れます。

フィボナッチエキスパンション

リトレースメントが戻りに対して使われる指標であり、エキスパンションが拡大に対して使われる指標になります。

エキスパンションの161.8%が148.3円で計算されましたので、今の水準よりも800PIPSも上になります。

当面の最大値として148.3円を天井圏として考えておきます。