5/17に書いたポンド円分析のFE231.8%139円の買い指値が刺さり、今現在ロングエントリー中です。
20PIPSほど逆光しましたが、今現在15PIPS程度の含み益中です。
フィボナッチ凄いわw

ポンド円分析

ポンド円日足の確定した直近安値高値でフィボナッチを引きました。

FE(フィボナッチエキスパンション)がこの先下落する際に反発が予想されるポイント、FR(フィボナッチリトレースメント)が今から戻す際に意識されるであろうポイントになります。

実際にトレードするときは15分足でフィボナッチを引いて検証するのですけど、この地合いですしニュースでどうなるか分からないので、日足レベルで大きな目線で見ておきます。

とりあえず、今日のポンド円が落ちた原因はメイ首相の辞任がトリガーとなった様で、今は様子見状態となっています。

辞任発表は明日24日らしいので、辞任の内容次第でぶっ飛ぶ可能性が高いです。

もうね、ファンダなんて考えてもどうなるか分からないし、メイ首相が辞めて何がどうなったら上がるのかも分からないし、落ちるのかすら分かりません。

下落トレンド中にこの展開です。
下落トレンドを加速させる最高の条件が整いつつあります。
勿論一直線に落ちることは考えにくいですが、その可能性も否めません。
そして、騙しの下落と言うシナリオも考えられます。
下落を待ち構えているショーターを騙すには急角度で落とせば大量に売りが発生するでしょうから、そのロスカットを利用して急上昇する事も考えられます。

とにかく色々なケースが考えられて、テクニカルが通用しない次元で相場が動きます。
考えても仕方ありません。
動いた後に分析して追従するしかありません!

発作的なエントリーは騙される可能性が高いので、発作癖のある人は本当に注意しておいてください。
エントリー前に心の中で「初動は騙し」と3回自分に言い聞かせてください。

考えるだけ無駄かなと思っていて、こういうニュースは材料として考えるようにしています。

決戦は明日の辞任内容次第ですが、確実に乱高下になるでしょう。
流れが出てからでも遅くありません!

あ、ちなみに欧州選挙は週末の日曜日まで行われますので、選挙中はどうなるか分かりませんので、テクニカルが効きにくいハイリスク相場となりそうです(;´∀`)

トレード履歴(デモ)

赤枠部分が昨日のトレードです。
安定して勝てていますが、利確を焦りすぎていると思うので利確についてもこの先考えていかなくてはいけませんね・・・

考え方を改めてから売りでも買いでも取れるようになってきました。

手法というか、エントリー根拠を言葉で説明しにくいのでもう少し自分の中で整理していこうと思います。