とりあえず、今日は朝からずっと上昇していてその後ずっと下がっています。

たまたまチャートに引いていたフィボナッチリトレースメント100%の場所できっちり反転していました。

米トランプ大統領が来日していることがどれほど影響するのかは分かりませんが、チャートの値動きは下落トレンドのまっただ中であります。

メイ首相の辞任の件もありますが、政治的要因で大きく動く事はしばらく無いと考えていますので、テクニカル分析が効きやすくなってくれると嬉しいのですが。

最新のポンド円分析

直近のサポートラインは138.5円となっており、このラインを割り込むとさらなる下落が予想されます。
もしこのサポートラインを割り込んだ場合のターゲットレートは次の通りとなります。

FE61.8%:137.638
FE100.0%:136.407
FE161.8%:134.415

と簡単に割らないのが相場でありますので、とりあえずサポートライン間際での値動きが重要になってきます。

最新の分析で見てもFR38.2%付近で跳ね返されていますので、分析するフィボナッチの期間は違えど、跳ね返すべきポイントは似たような感じになるのですね。

戦略的に上記画像のフィボナッチライン付近でどうのような動きになるのかが大事で、反発するラインを見つけられれば戻り売りや押し目を仕込むチャンスとなります。

地合い的に、少し戻したところで戻り売りで仕込むのが安心感の高いトレードになるかなと思います。

指値を仕込んでも良いのですが、指値だとライン近辺の攻防が見られませんし。そのまま抜けていく可能性もあります。

やはりもみ合いを確認後押し戻される動きを確認してからの戻り売りを仕込めるかが大事ですね。

あと、フィボナッチリトレースメントは戻りを見るために使うのですが、僕の引いたラインで見る限り38.2%も戻せていませんので、戻りとしては弱い動きになります。
つまり、まだまだ売りが優勢で下落トレンド継続中と読み解くことが出来ます。

今はサポートラインが近いので、今の状況でエントリーするのではなく、戻すのを待つか、ブレイクするのを確認してから売るか、またはサポートラインの反発で買うかという選択肢になるのではないでしょうか。

今日のトレード(デモ)

赤枠部分が今日のトレードです。
金曜日に売りを仕込んだまま持ち越して、日中ずっと担ぎ上げられていました(;´∀`)

今日もナンピンしかしていませんが、なんとかプラテン出来たところでクローズしました。

お世辞にも上手いトレードとは言えませんね・・・

やはりFXというものは、狙ったレートまで待つのが王道の様で、痺れを切らして軽い気持ちでエントリーすると失敗しやすいです。

あと10PIPSだけ・・・で50PIPSの損失を出すのも日常茶飯事ですが、その回数をできるだけ減らしていきたいです。

ランダムに動いているようで一定の箇所で反発することが予測しやすくなったので、もう少し精度を上げなくては(;´∀`)