コロナの一件で株価が暴落している事に対して、日銀が5000億円を持って買い支えることを発表しました。

我が国日本は、GPIFによって以前から買い支えがあり年金や税金が投入されておりますことを、世間の人は余り知りません。

決済が出来ない買い支えに何の意味があるのか不思議でなりませんが、専門家によると日経平均は実際より5000円ほど乖離しているとの話です。

日本の株価は下がっても国が支える事が海外にバレているので、上がっては叩かれて上がっては叩かれてを繰り返し、海外ファンドの餌になっています。

と、愚痴っぽいことを言っても仕方ありませんが、とにかく近々に買い支えが行われる可能性が高い状態に違いありません。

株価の買い支えによりドル円も相応の影響を受けますので、ドル円も下がりにくくなる相場が始まります。

そして、上がっては叩かれてが繰り返されるレンジ相場に突入するかも知れません。

この事を頭の片隅にでもおいておけば、スキャルも選択肢に入ってくると思うので、トレードの幅が広がりますね。

僕はスキャルが苦手なので、アレなんですが・・・

なので、ちょっと一方方向に下がり続けるトレンド相場は難しくなったかなと言う印象です。