ご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、今週に入ってから日銀が買い支えている日本株が損益分岐点の攻防戦を繰り返しています。

日銀の平均建値は「約19,700円」との話らしいです(; ・`д・´)

で、今のレートが「約18,500円」で平均建値を大きく下回っている状態です。

詳しいことは分からないのですが僕の認識では、日銀が買い支えている株は下値支えをするナンピン買いのイメージでして、下がったときに大量に注文する性質らしいのです。

しかも、決済すると株価が下がってしまうので決済出来ず永遠に買い続けるロボットのような感じで捉えています。

ちなみに僕は株売買をしたことがない素人ですので、あしからず。

今までは含み益ゾーンでしたので、それほど問題は無かったのかと思いますが、普通の感覚で考えると含み損を抱えてしまうと損切りが考えられますが、日銀がコレをしてしまうと大暴落に繋がりますので、流石にぶん投げる事はないでしょうが無限ナンピンを続けないと資金が枯渇してしまいますよね。

この辺の仕組みというか、日銀が何を目的にしているのかがよく分からないです(; ・`д・´)