こんばんは、たかはしです。
以前から裁量で続けているデモトレードの結果を公開します。

僕は基本的にショーターなのですが、今回のトレードはロングもショートも取れています。

一回失敗してガクンと落ち込んでロスカット寸前まで行きましたが、それからググッと盛り返して370万円の利益となっています。

詳細なデータはこちらに設置しますので、興味のある人はご覧下さい。

トレード利益の画像も併せておいておきますので、こちらも興味のある人はご覧下さい。
※画像クリックで拡大。

デモトレードで純粋なトレードスキルを測る

今回のトレード結果は、デモだから勝てていると言う部分は確かにあります。
リアルで同じトレードが出来るのかというと、おそらく出来ていないと思います。

ある程度まとまった利益が出た時点で早々と利確しているでしょうし、損切りも悩んでいるかと思います。

自分の身銭に関する欲と恐怖が、トレードの判断を鈍らせるのが原因なのは明白です。

デモトレードは、その欲と恐怖を排除した状態で純粋にトレードができるので、自分のスキルを測るのにやはり最適だと思っています。

僕がどうしてデモトレードを続けているのかというと、デモトレードで出来ないことはリアルトレードでは絶対に出来ないからだと思っているからです。

欲と恐怖を排除した状態で行うトレードが、100%自分のスキルを活かせる環境であるとした場合、リアルトレードでは欲と恐怖が混じってくるので、誤った判断をしてしまいます。

誤った判断が自分の実力をどれだけ鈍らせるのか。
感覚的に25%程度なのか、50%程度なのかで損益に大きく影響してきます。

少なくともデモより良い成績が出るとは考えにくいです。

トレード手法に自信を付ける

僕はシンプルな手法が好きです。

トレンドラインのブレイクや押し戻し、サポレジでの反発など誰の目に見ても分かりやすい方法でトレードする様にしています。

レンジ相場では逆張り、トレンド相場では順張りが鉄板ですし、その鉄板具合を確認するためにも練習が必要です。

フィボナッチも使いますし、マルチタイムで相場を見ることも多いです。

おそらく、テクニカルと呼ばれる基本的な部分だけでトレードをしている感じになっているはずです。

僕の中の手法は大分絞り込まれてきました。

今は良い結果になっているので、自分の考え方は間違えていないと自信を持てますし、間違っていると判断出来れば他の手法を追求するだけなんです。

1年や2年練習期間としても、長い人生においてそれほど影響はありません。

むしろ、ろくに自分と向き合わずにトレードした結果、何千万も失った結果がでていますので、真剣に練習して損はありません。

目先の利益を求めたギャンブルハイレバトレードは身を滅ぼすだけです。

しっかりと練習して、自分の手法に自信を持てて、なおかつ高勝率であることが分かればリアルトレードに切り替えるだけです。

大失敗したからこそ練習の大事さ、基礎がどれだけ大事であるかを身をもって経験しているので、本当に練習は大事であると声を大にして伝えていきたいです。

僕がデモトレーダーだからといって笑われても構いません。
数年後に笑うのは僕です。

目先の利益を求めてしまう人

勉強はハッキリ言って面倒くさいです。
なので、楽して稼ごうとする人が大多数です。

僕もそうでした。

例えば、今勝てているトレーダーが教える手法とかコピートレードやシグナル配信など初心者が手を出してしまいそうな甘い誘惑も多いです。

Twitterなどで、買っているトレーダーに媚びを売っている人や、有名な人の発言を鵜呑みにしている人も目に付きます。

自分のお金を使ってトレードするわけですから、自分で判断出来る様にならないといけないと思うんです。

負けた時に人のせいにして自分を見つけないようではこの先成長はないでしょうし、同じ事を繰り返すでしょう。

ろくに勉強をしないトレーダーほどその傾向が強いはずですので、そういう人は確実に桁違いの大損をします。

自分は大丈夫と思ってしまう根拠なき自信が湧いてくる気持ちもよく分かりますが、マジで大損すると人生修羅場になります。

僕の様に余り上手くないトレーダーは、デモトレードをお勧めします。