フィボナッチリトレースメント

ポンド円直近の上昇に対するFR

昨日からの上昇をフィボナッチリトレースメントで見てみます。
一つ前の足を終点としてラインを引いていますので、このラインが機能するか現段階では分かりません。

現段階でのヒゲを高値と考えると、昨日の上昇幅に対する戻しを予測する事ができます。

38.2%か61.8%まで戻ってくれると下落トレンド再開と考えて大丈夫かと思っています。

ポンド円下落トレンド全体のFR

少し視点を変えて大きな目線で全体を見てみます。
下落トレンドの開始となる高値から少し前の安値までをリトレースメントしてみると、現在23.6%で止まっている事がわかります。

今回の下落トレンドで23.6%戻したことになり、戻し幅としては弱めの戻しとして考えられます。

38.2%位までも戻すことも考えられますが、一応現段階で23.6%が効いていますので、下落のターンが来ても良い頃合いです。

23.6%を越えてくるとドテン買いで対応してみることも検討していきましょう。

昨日と今日の相場(ポンド)

2連続日足陽線となっています。

ポンドドルは昨日ほど勢いはありませんが、陽線となっていて、ポンド円も夕方に急上昇したおかげで一気に陽線に変化しました。

上昇トレンドラインもしっかり効いていますし、割り込まれると一気でしょうが、今のところ割りそうな気配はありません。

おかげで含み損拡大です(;´∀`)

現在のポジション状況はこのような感じで、ナンピンが失敗して10万円位の含み損を抱えています。

どこで損切りするかが難しくて、いつ落ちてきてもおかしくない状況だけに損切りできないでいます。

損切りってかなりテクニックが必要ですよね・・・
慌てて損切りするとろくな目に遭いませんので、それなりに根拠を持って損切りしようとすると、どうしても損切りが遅れてしまう。

ナンピン効果で平均30〜40PIPS程度の含み損なので、まぁ許容範囲と言えば聞こえは良いですが、久しぶりに大きな損失を抱えているので、軽くストレスを感じています。

個人的には落ちてきて欲しいですが、トレンドラインが効いているので落ちにくい状況となっているため、プラテンまでは時間が掛かりそうです。