さて、雇用統計を終えてレンジ気味の相場ではありますが、ドル円やポンドの分析を初めて行きたいと思います。

何というか、方向感がないので、積極的にトレードする場面ではありませんが、一応の分析となります。

ドル円

ドル円は依然として弱い様に見えます。
今現在少しずつ高値を落として綺麗に山形になっており、一旦下がる形に見えなくもありません。

まだ窓埋めしていませんので、まずは窓を埋める動きになっても良い頃だと思います。

下がったとしても、安値をブレイクするようには見えないので、しばらくレンジ相場になりそうな予感がします。

ポンドドル

先週から少し上昇基調のポンドドルですが、一旦レンジに落ち着き書けています。
ドル円が落ちてくれると、FR38.2%で反発する見込が高まりますので、僕はこの状況でロングを入れました。

こちらもドル円と同様にレンジ幅が限定されていますので、それほど大きく稼げる地合いでもありませんが、レンジの往復を何度も狙うトレードで利益を積み重ねるのが吉かなと思います。

ブレグジットの問題もありますので、ブレイクする可能性もありますので、買ったり売ったりを繰り返すトレードではなくて、下落方向なら売りと一方方向に決めたトレードをする方が無難ですね。

ポンド円

ドル円よりもポンドドルにチャート形状が似ているので、緩いポンド買いが気安い状況に見えます。
積極的に買う場面でも無いかと思いますが、ポンドドルがFRで反発しているので、同じタイミングで上昇しやすいかな?

トレンドラインが効いているようにも見えますので、軽めの買いが良さそうです。

こちらも同様に、ブレグジットで急展開の可能性がありますので、エントリー方向を定めて一方の注文だけを繰り返すトレードが安全かなと。

現在のトレード結果(デモ)

雇用統計直後に、含み損状態だったポジションが一度は利益を生んだものの、欲張ってしまい、諦めて損切りしました(;´∀`)

金曜日はその後トレードなしで、本日10PIPSだけポンド円で取りました。

今現在、ポンドドルをロングしていますが、様子見としての軽めのジャブって感じです。

ノーポジよりも、様子見ポジションを入れている方が注視できるし、緊張感を持って向き合えますので、気が引き締まります。

と書きながら、ロングポジションがマイナス15PIPSになってきたので、少し失敗した感がありますが、マイナス40PIPS程度までは様子を見たいと思います。

追記

ポンド円が明確にブレイクしてきたので、ポンド円を売りました。

ポンドドルロングとポンド円ショートでヘッジ状態ですが、ポンド円の値幅に期待したいところです。

1〜2時間程度様子をうかがいます。

さらに追記
ポンドドルも明確に抜けてきたので、損切りしてポンド円の売りをさらに追加。