このご時世のせいと言いますか、過去に負けすぎているせいと言いますか、ハッキリ言ってトレードに回せる余裕資金は余りありません。

そんな状況下において、どうすればトレード資金を作る事が出来るのか?をシンプルに考えます。

あくまでも机上の空論になりますが、不可能では無いと思っています。

入金分は仕方ないとして、トレードで使うお金はトレードで生み出す思考です(´・ω・`)

月利100%を達成させる

単純に原資の2倍を達成させるだけです。
当月開始時点で5万円の残高があるとして、月末時点で10万円になっていれば良いだけです。

その手段としてハイレバを使うのであれば1日で達成させることも出来るでしょうが、やはりリスクが高くなるので、「ある程度の余力」を持っておきたいところです。

お金を増やすためにFXをするのですから、失敗して無くす事があってはいけませんので、現実的なプランを考えてみます。

5万円でどれくらいのポジションを持てるのか?

XMのレバレッジ888倍、残高は5万円、購入ロットは0.1枚(1万通貨)を想定した計算になります。

ペアレート必要証拠金最大購入枚数余力PIPS
ドル円106.916120442498
ユーロ円123.152138736497
ポンド円135.558138733497

ポンド円を例に取って考えると、5万円で購入できる最大数量は33枚になりますが、最大値でエントリーすると10PIPS程度しか余力がありませんので、現実的ではありません。

5万円の残高でも、持とうと思えば10枚でも20枚でも理論上はエントリーする事が可能です。

詳しくは証拠金計算ツールで計算してみてください。

現実的なロット数

0.1ロットのエントリーで余力が497PIPS、スプレッドを多めに考慮して約490PIPSって所で、0.5ロットのエントリーで余力はその半分となり約245PIPSとなります。

0.5ロットですので、そのポジションで100PIPSの利益を獲得すれば5万円の利益達成となります。

リスク加減に関しては人それぞれ考え方が違うでしょうから、何が正解なのかは答えの出ない部分ではありますが、僕の考えとしては250PIPSも余力を見ているのですから途中で仕切り直しも出来るはずです。

なので、0.5ロットという数字は攻めすぎず守りすぎずちょうど良い感じなのでは無いかと思います。

どうやって達成させるのかイメージを掴む

0.5ロットの場合で100PIPSの利益を獲得すると100%の利益増となり、0.1ロットの場合は500PIPSの利益が必要になります。

ポンドやユーロの様にボラティリティのある通貨なら、ホールドしているだけで稼げるケースも少なくありませんが、ドル円の様にボラティリティの少ない通貨も多いので、通貨の特徴に合わせたトレード対策が必須になってきます。

まずはチャートを見てみましょう。

ドル円の場合

ドル円の様に往復ばかりして値幅の少ない通貨で稼ごうと思うと、この画像の様にレンジ間を往復する短期的な逆張りが主戦略になるのでは無いかと思います。

画像は天底の値幅が約100PIPS弱あるレンジになっておりますので、現実的に達成できるのではないかと考えられます。

ポンド円の場合

画像は先ほどのドル円と同期間のポンド円チャートになります。

ポンド円はトレンドが起きると数百PIPS動く事も珍しくなく、画像の大きな上昇トレンドの部分では約250PIPSの値幅となっています。

レンジの区間もあり、トレンドの区間もあるチャートになっています。

どちらの区間が利益を狙いやすいのかは、トレードスタイルにより異なりますが、どちらでも利益を取ることが可能な値幅があります。

ユーロ円の場合

こちらの画像も同期間のユーロ円チャートで、チャートの天底で約250PIPSの値幅があります。

綺麗なトレンドが出来てるチャートになりますので、押し目買い出来るポイントが沢山あります。

トレンドを狙うかレンジを狙うか

どういう感じでトレードをするのかをハッキリさせておかないと対応できないので、主戦略を決めておく必要があります。

どちらのトレードが楽かで考えると、トレンドに乗っかる方が圧倒的に楽ちんですので出来る事ならトレンドに乗りたいところですが、相場の殆どがレンジ相場になっていますので、主戦略はレンジ間の往復の方が稼ぎやすいのかも知れません。

これについては個人のトレードスタイルによりますので、一概にどちらが良いのかは意見が分かれるところです。

デモトレードでもいいので、レンジの方がやりやすいのかトレンドの方がやりやすいのか、自分の特徴を知っておく必要があります。

0.1ロットで500PIPS、0.5ロットで100PIPSを狙えば良いだけですので、どちらでも達成する事は充分可能なはずです。

無理に毎日トレードする必要もありませんし、得意な部分で勝負すれば良いのです。

相場の状況を見極める力だけは養わなくてはいけませんが、全ては自分の資金を倍増させる為の努力です。

毎月倍増計画を半年間続けると・・・

完全に机上の空論ですが、まずは毎月達成できた場合にどれくらい資金が膨らむのかを計算してみます。

回数月初月末
15万円10万円
210万円20万円
320万円40万円
440万円80万円
580万円160万円
6160万円320万円

最初は5万円だったお金が半年後には320万円になります。

まぁ、失敗するときもあるでしょうから思い通りには行かないでしょうが、5万円からでも充分大金を狙うことが出来てしまいます。

ある程度利益が出た時点で最初の5万円を待避させておくことで、以降はノーリスクでトレードできます。

毎月やることとしては、残高を倍増させるだけです。
やることとしては上記を見直してください。

こう考えるとそれほど難しくないように思えてきませんか?