FXをする場合、必要になるのが取引口座です。
どこで口座を開けばお得感があるのかを、一度は調べた経験があるはずです。

調べてみても、結局どこが良いのか分からないので、口座開設時のキャッシュバックを目的に口座を作る人も居るでしょう。

日本国内にも沢山のFX業者が存在し、スプレッドが安い業者、サーバーが強い業者など一長一短ありまして、どこを選んで良いのか分からない事だと思います。

税金面で国内業者は海外業者よりも有利ではありますが、その恩恵を受け取れる人は少ないかもしれません。

また、国内業者は海外業者に比べて圧倒的にスプレッドが低いのも特徴の一つですが、そのメリットを台無しにするストップ狩り等、トレーダーに取って不利になる事も実際に起きています。

国内業者でストップ狩りが行われる理由

日本の会社だから安心感があると思ってしまいがちですが、気を抜いているとストップ狩りなどの意図的な価格操作に巻き込まれててしまう可能性があります。

ストップ狩りを簡単に説明すると、サーバー上のレートデータを意図的に操作し顧客のストップ注文を執行させてしまう国内業者の必殺技です。

何故こういう事が行われるのかと言いますと、基本的に国内業者はトレーダーが損をすると業者が潤う仕組みになっています。
ですので、意図的にトレーダーのストップ注文を執行させると多くのトレーダーが損をするので会社が儲かるって事です。

違法性があるように思えるこの行為ですが、驚くことに違法ではないらしく合法との事らしいです・・・

業者名は伏せておきますが、100PIPS以上のスプレッドを開けて意図的に客のストップ注文を執行させる国内業者が存在します。
この業者は知名度の低い業者ではなくて、誰もが知っているような大手の企業なのですが、平然とこういう行為が繰り返し行われています。

早朝メンテや指標発表時など、どさくさに紛れて仕込んでくるのがいやらしい(;´Д`)

今の時代、悪い噂が広がるのは一瞬ですので、信用を失いトレーダーが安心してトレードできない業者が廃れるのは時間問題でしょう。

勝率が低い時期はスプレッドなんて微々たる誤差

口座を開設する検討項目の一つとして「スプレッド」がありますが、ぶっちゃけ勝率の低い人がスプレッドを意識したところで、あまり関係ないと思っています。

スプレッドはエントリー時の損失になりますので、スプレッドが低い方が良いのは当たり前なのですが、自分がトレードで勝てないこととスプレッドの範囲は関係ないように思えます。
※ストップ狩りなどの意図しないスプレッドは考慮していない

10PIPS程度のスキャルピングをメインに考えているのなら話は別ですが、スプレッドなんてPIPSで考えれば誤差の範囲ですし、トレードで30PIPSとか50PIPSとか取る方が大事だと僕は考えています。

手持ちの資金で今どれだけのトレードができるのかをベースに考える

今の時代、いつでも自由に100万円単位のお金をホイホイ自由に動かせる人は殆ど居ません。

最初の頃は10万円から50万円程度の範囲でトレードを始める人が多いでしょうし、僕も基本的にはその範囲内のお金でトレードをしていました。

あまりギリギリの予算でトレードするのも面白くありませんので、ある程度余力を持ってトレードしたいと考えていました。

ご存じの通り、国内業者のレバレッジは25倍ですので、10万円程度のお金では取引できる数量も少なくなってしまいますので、稼ぐ事は難しいです。

稼ぐためにFXをやるのですから、稼ぎにくい方でトレードする意味も最初の頃はあまりないかなと思えます。

僕が初心者だった頃、今の手持ちでどれだけのトレードができるのかが分かりにくかったので、証拠金計算ツールを作ったくらい、僕の根底には手持ちでどれだけのトレードができるのかが重要だったのです。

国内と海外とで1枚あたりの証拠金の違いを知る

左が国内業者のレバレッジ25倍で右が海外業者のレバレッジ500倍、ドル円を1万通貨トレードする場合に必要な情報となっています。

ドル円を1枚持つのに必要な証拠金は、国内だと約4.5万円で海外だと約2.2千円となり、手持ちのお金の余裕具合が全然違います。

エントリー可能な最大枚数も桁違いです。

枚数を増やすと損益に直接影響してきますので、数量をセーブする必要がありますが、損益の増加減具合もコントロールすることが可能です。

お金が無いからこそ海外業者で練習を

国内業者でトレードをする場合、ある程度まとまったお金が必要になってくるのですが、海外業者の場合だと、1万円でも数枚エントリーすることができるので、1枚(1万通貨)の取引で練習するなら海外業者が有利です。

国内でも少額トレードが可能な千通貨の取引も可能ですが、レバレッジなどの条件は同じですので、千通貨での取引よりも1万通貨での取引の方が気合いが入りますし、練習しながら利益を取ることも可能です。
※海外でも千通貨での取引は可能です。

お金を使わずにデモトレードでも練習することは可能です。
しかし、デモは所詮デモなので遊びの延長になってしまうことが多いのです。
なので、リアルマネーを取引に使える方が身の入り方が全然違うので、少額で良いからリアルマネーで練習した方が身につきます。

手持ちのお金を最大限に自分の知識を得るために利用するにはXMのような海外業者を使って練習することをお勧めします。

トレードの注意として、海外業者はレバレッジが高い分、トレードの自由度も高いです。
調子に乗って高ロットで取引してしまうと、逆行した際一瞬でロスカットされますので、その辺の感覚も合わせて身につけてください。

スプレッドとかを意識するのは、安定して勝てるようになってからでも遅くありません。
勝てない時期から損得勘定だけであれこれ考えてもトレード技術は向上しません。
一回でも多くトレードできる環境を整えて見てください。