インジケーター概要

CustomCandle6は、今表示中の現在のチャートに上位の時間足のローソクを重ねて表示させることが出来る分析用のインジケーターになります。

1個のローソク足の中には下位時間足のローソクが含まれており、OHLC情報によってローソク足が構築されます。

今の時間足で見ているローソクが、上位足ではどう表示されているのか知っておくだけでも、一歩引いた目線で分析することが出来るでしょう。

また、上位足レベルで分析を行うことが出来ますので、今のレートが中長期的にどの水準に位置しているのかを視覚的に確認出来ますので、このインジケーターは僕も愛用しております。

インジケーターの使い方

設定項目は下記の通りです。

  • TimeFrame:CustomCandleで表示させる時間足のパラメータ
  • UpCandle:陽線の色
  • DnCandle:陰線の色
  • DojiColor:始値と終値が同じ時の色
  • Width:CustomCandleで描画させるローソクの幅
  • CustomCandleTimeShift:時間をシフト
  • BGCandle:CustomCandleの見た目を変更

特定の項目について説明します。

TimeFrame

TimeFrameは時間足パラメータです。
設定可能なパラメータは下記の表の通りです。

時間軸
5分足5
15分足15
30分足30
1時間足60
4時間足240
日足1440

パラメータの仕様として、現在の時間足より上位の足を表示させるときにしか使えませんので、同時間の設定、下位時間のパラメーターを設定しても描画されません。
なお、CustomCandleで描画出来る最大値は日足までとなっています。

CustomCandleTimeShift

CustomCandleTimeShiftは、どの時間からどの時間までを一つのローソク足として定義する項目で、シフト値によって調整が可能です。
デフォルト設定値で2が設定されておりますので、XMで日足と同じ範囲を設定する場合は、この項目を0に設定して下さい。
※他業者の方はパラメータを調整してください。

パラメータを変えるとどう変化するのかを確認しておきます。

画像で見て分かるように、シフトさせることによってローソクの形状が変わっています。

これは、ローソクの開始時間を変えているのでOHLC情報が変わるからです。

BGCandle

BGCandleはCustomCandleの見た目を変更するパラメータになります。

画面描画がおかしくなる場合

CustomCandleを長時間表示させて置いたり、パラメータを変更したりすると、画像の様におかしな表示になる事があります。

表示がおかしくなった場合、一番簡単な方法としてインジケーターの初期化を行うことで復旧させることが出来ます。
時間軸をM5→M15→M5のように切り替えることで、内部的に初期化処理が行われますので、この方法が一番簡単に表示をリフレッシュ出来ます。

ダウンロード